« 今日から始めました | トップページ | 有隣堂書店川崎BE店の売り場 »

2011年2月12日 (土)

神田神保町の書店

これから弊社の編集部、営業部のスタッフによるブログを始めさせていただきます。みなさんよろしくお願いします。
今回はまず、営業部スタッフによる書店紹介です。

★本の街、神田神保町の書店では?

まさに世界的な(?)古本街とも言える東京都千代田区神田神保町の界隈。もちろんここには、古本屋さんだけでなく新刊を扱う大きなお店も多くあります。また付近には岩波書店や小学館、集英社など、多くの出版社が軒を連ねています。
しかしかつて、この神保町は交通の不便な場所でした。バス亭しかなかったのです。今では都営地下鉄新宿線、東京メトロ半蔵門線が入り、地下鉄東西線の竹橋駅やJRお茶の水駅から歩く必要もなくなりました。まさに都心のなかの都心です。
さて今回は、三省堂書店神保町本店の医学書センターと、そのすぐ近くにある書泉グランデの実用書コーナーをご紹介します。

三省堂書店の神保町本店はいうまでもなく、昔から神保町における一種のランドマークでした。ここから南にはすぐに皇居、大手町、霞ヶ関、そして反対に、駿河台下交差点から上に向かうと明治大学や駿台予備校があり、神田川(外堀)を下に見ながらお茶の水橋を渡ればもう文京区。東京医科歯科大学や順天堂大学の病院があり、本郷の東京大学も近いという立地です。
学生向けの書店としても親しまれ続ける三省堂書店本店は、やはり今も昔も出版文化の発信地の一つです。この本店の5階には医学書センターがあります。ホメオパシー出版の書籍は「東洋医学」の棚にあります。それほど数は多くないですが、いつも本を置いていただいていますので、三省堂本店においでになったらぜひご利用ください。担当の方たちも代替医療の分野に力を入れてくれています。

T02200165_0450033711043443189
T02200293_0420056011043443188
三省堂書店本店と同じく、靖国通りに面した大型書店としては書泉グランデが有名です。古書店や飲食店(ロッテリア)などを数店挟んでいますが、靖国通りの同じ側で三省堂の並びです。この特に地階の「アイドル写真集」売り場、6階の「鉄道」や「ミニタリー」売り場は、その世界に浸るマニアには有名なところです。ホメオパシー出版の書籍は2階の「家庭医学」の棚にあります。この売り場では、大型で高額な専門書は置いていませんが、売れ筋の商品は揃えるようにしています。ぜひご利用ください。

T02200271_0447055111043443192
T02200160_0595043211043443190_2
なお、書店に本がなくても無料で取り寄せもできます。通勤・通学に便利な書店さんに「取り寄せ」を頼むと良いです。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Copyright (C) 2012 Homoeopathic Publishing Corporation Ltd. All Rights Reserved.